関節軟骨の治療方法

関節軟骨は歳を取ると徐々に減少していきます。これも老化現象のひとつと言えるのではないでしょうか。老化現象で、徐々に体の動きがスムーズではなくなっても仕方がないのですが、
痛みが出てくると、悠長なことは言っていられませんね。痛みは徐々に増して、動かす度に激痛が走るようになり、動かせなくなってしまいます。こうなる前になんとかしたいものです。
まずは、予防として、また初期段階ならば、サプリメントを利用することが効果があります。グルコサミンやコンドロイチンは軟骨に有効です。痛みが無いうちから飲み始めることが理想です。
痛みが出てきてから、サプリメントを飲んでも痛みが和らぐことは期待できません。この段階になると速やかに病院で治療を受けた方がいいでしょう。ただし、単に痛み止めなどを処方してもらうのは
お勧めできません。さらに病状は悪化する可能性があります。痛みと向き合って、根本的な治療をするべきです。
最近の先端医療では軟骨の再生治療が注目されるようになってきました。

 

すり減った軟骨を元に戻すために、再生治療が実現すれば、多くの人が救われるでしょう。これはまだ、臨床試験段階です。しかし成功例も出ています。今後期待したいものです。

 

 

現状では軟骨がすり減った関節を正常に戻すために人工関節を使用することができます。関節軟骨の減少の状態は人それぞれです。
どのような方法を取ることが最善なのか。
これも人に寄りますので、情報だけで判断せずに、病院で医師と一緒に検討することが大切です。気長な治療が必要です。少しずつ痛みがなくなるよう、覚悟して治療をしていきましょう。

 

医学の進歩により、いろんな治療方法が今後出てくることでしょう。多くの高齢者の悩みである関節軟骨の減少です。いつか画期的な治療法が出てくることが待ち望まれています。