変形性膝関節症の治療

高齢になると心配なのが変形性膝関節症です。若く、健康な時には全く心配していなかったことでしょう。しかし、年齢が高くなるにつれて、関節軟骨はすり減っていきます。
そして膝に痛みを感じるようになって初めて、この変形膝関節症を知ることになるのです。できればまだ痛みもない頃から予防をしていくことが理想です。最近はサプリメントが普及しています。
膝の軟骨にも効果があるサプリメントもありますから、早い段階から飲むことをお勧めします。そして日頃から適度な運動を生活の中に取りいれるようにすると良いでしょう。このような予防をすることで、
歳をとっても随分膝は楽に動くものです。いつまでも健康でいるためにも予防は大切です。もしも膝に痛みが出てきてしまったならば、速やかに治療をしましょう。早期に治療を始めることで、
その後の治療やリハビリが楽になるのです。さて、その治療ですが、
大きく分けると保存療法と手術療法があります。
保存療法はさらに細かく、リハビリテーション、装具療法、物理療法、薬物療法とに
分かれます。一つの療法だけを施すのではなく、複数を組み合わせて治療をすることで高い効果をあげます。
手術療法は、手術によって改善する方法です。保存療法である
リハビリテーションでは、
膝の曲げ伸ばしを行い、筋力の回復と可動部分を刺激し、スムーズな動きを促します。また毎日お風呂に入った時に、膝を温めながら、動かすことも効果をあげます。
治療で完全に治ることは期待できませんが、
日常生活を送ることができるようになれば、嬉しいですね。リハビリは地道に時間をかけて行う覚悟が必要です。焦って諦めないようにしましょう。毎日少しずつ、労わりながら、リハビリに取り組みましょう。