関節のために運動をすること

高齢者の多くが関節に痛みをかんじたり、変形性膝関節症になるケースが多いです。この関節の痛みには、サプリメントが良いと言われています。ヒアルロン酸やグルコサミン、そしてコンドロイチンなどの
軟骨の成分が含んだサプリメントを服用しましょう。ただ注意したいことがあります。関節に痛みが発生していない時からの服用が大事なのです。関節に痛みが出た時には、既に関節の軟骨が
減少してるのです。一度減少した軟骨は戻りません。減少した軟骨を取り戻すためにサプリメントを飲むのは、効果を期待しない方がいいでしょう。サプリメントを予防として飲むことが
大事なのです。サプリメントと同じく関節にとり大事なことが運動です。運動を常にしていると関節は硬くなりません。そして関節周りの筋肉が鍛えられたり、維持出来るのです。
この状態ですと、高齢になっても変わらず、関節が動きます。しかしそうでなく、ほとんど動かさなかったり、運動していないと、関節は痛みや、硬くなってしまうのです。
大抵の人が一旦痛みが出てしまうと、痛みをさけるために、痛みがでている関節を使わないように、体を過保護にしてしまいます。動かす度に痛みが出るのですから、ある意味仕方がないですね。
人により痛みの具合が違いますが。酷い人は、体を動かすことが億劫になります。
しかし、もし動かさないでいると、関節は硬くなり、もし無理して動かそうとするとさらに強い痛みとなります。

 

このように悪循環となり、だんだんと寝たきりの老人が増えていくのです。痛みがあっても適切な運動をするば、軟骨の生成を促進することができると考えられています。

 

 

関節に良いと言われている運動は適当にやると逆効果となります。では一体どのような運動をすればいいのでしょうか。これは年齢や症状によって適切なものを行うことが望ましいのです。
病院での検査の時に尋ねるといいでしょう。またリハビリ担当の先生なども詳しく教えてくれますので、是非実行しましょう。サプリメント、そして運動と、関節に良いものはあるのですが、
既に軟骨がすり減ってしまっている場合には人工関節などを付けることを検討しなければなりません。これも病院で検査を受けてからの判断になります。この段階になる前に、運動とサプリメントを
生活の中に取りいれていきましょう。