関節軟骨の痛みが出る前に対策を

関節軟骨の減少で日常生活が困難な高齢者がたくさんいます。この関節軟骨が年齢とともに減少することからすれば自然な、ある意味老化現象でしょうか。
しかし、全ての人が老化現象として関節痛を起こしているか、と言うと、そうではありません。全く若いころと変わらずに全身を動かせる高齢のかたがいます。歩行も全く困難なくしている
高齢者もいます。中には高齢にも関わらず、ジョギングやマラソンまでしている方もいます。もちろん関節軟骨の状況はひとそれぞれですし、生まれ持った体の違いもあるでしょう。
変形性膝関節症など、原因のひとつに高齢が挙げられていますが、中にはなったく健康な高齢者の方がいるのです。そんな健康な方は、関節を傷める人と、どう違うのでしょうか。

 

関節軟骨が減少するのは、その軟骨部の栄養分が補給されないためだと考えられます。栄養補給をして適切な対策をしておけば減少を抑えることが可能なのです。これはとても重要なことであり、
これを知っている人と、そうでない人が、先の述べたような違いが出てくると言えるでしょう。そこで、
膝が痛くなってから対処するのではなく、元気なうちからサプリメントなどで、
軟骨に必要な成分を摂取しておくことがとても大事なことなのです。有効成分は、グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲンです。
グルコサミンは体の中で生成されますが、
その量は年齢とともに減少していきます。
すり減った軟骨へ、栄養補給もできないために、変形性膝関節症に至るのです。
栄養補給がいかに大事か理解しましょう。そして、サプリメントを飲む習慣を
つけるようにしましょう。痛みが無いからと、関心を持たないのは危険です。痛みが無い今からサプリメントを摂りましょう。